音の風景 4月〜窓を開く季節のはじまり〜

窓越しに見える桜並木の淡いピンクに、心が、ほどけます。
空気がぬるくなり、窓を開けて過ごす時間が長くなります。

すると、開放感とともに、
外の音がぐんと近くに聴こえるようになります。

そう言えば、ここに住み始めたばかりの頃、外の音に慣れずに、よく泣いていたことを思い出します。

駅前の通りと桜並木が交差するこの辺り。
思いのほか騒々しく、
通りすぎる音や声の一つ一つに、いちいち怯えていました。

今だって、ときどき、音に怯えて、ビクリ!とすることがありますが、
だいぶ慣れて、たくましくなって来ました。


光のまぶしい4月の朝。
出勤準備をしながら聴こえてくるのは・・・・

                         <朝の窓から>


先ずは、駅へ向かう人々の靴音。
新年度を迎え、新人さんたちも混ざっているからでしょうか・・・
靴音からも緊張感が伝わって来るようです。

朝、通りを行き交う人々の歩む速度は早めです。
リズムも全体的に揃っているように感じます。

次は、近くの保育園の園児たち。

♪あるこ〜あるこ〜 ♪
と、ご機嫌な歌声。

その一方で、
『行きたくないよ〜!』と泣きわめく声。
(イヤイヤえ〜ん!)

あ〜、気持ちわかるなぁ。
大人になっても、心の中でイヤイヤえ〜ん!
会社に行くの嫌だよ〜・・・って泣いてますもの。


お母さんは、叱ったり、なだめたり、困っています。

新学期は大変ですね。
慣れるまで、少し時間がかかりそうです。 

そして、日中を会社で過ごし、夜帰宅すると・・・
また、窓を開け放ちます。

通りを行き交う人々の声、靴音。
家路を辿る人々の靴音は思い思いのリズムを刻んでいます。
朝みたいに揃っていないので、気が楽になります。

自転車や、バイクの音も聴こえてきます。

そして、桜並木には、たくさんの人々の声。
桜の木々に混ざってガヤガヤとしています。
ときどき奇声があがります。
酔っ払っている人たちです。

桜がぽつりぽつりと開き始める頃から、
葉桜になるまで、

桜並木に酔っ払い。
これが現実です。

(密回避と自粛で状況が一変した昨年と今年は、
さすがに騒々しさは、だいぶ薄らぎました。)


ここまで書いて、読み返してみたら、
だいぶ騒々しい音の風景になってしまいましたね。


最後に一つだけ、
素敵だなぁ〜と思うことを書いて締めくくりたいと思います。

                     <夕暮れの窓から>

   
夜になる少し前。
空に、ほんのりとした明るさが残る夕暮れどき。
そんな時刻に帰宅出来た日は・・・


『今日は、あっちの道から、サクラ観ながら帰ろうか?
それとも、スーパーの方から帰る?』

園児をお迎えに来たお母さんの声が聴こえます。

『サクラ観ながらがいい!
 だってサクラ、かわいいんだもん。』
子どもの声が、甘く弾けます。


桜のそよそよした雰囲気と、
夕暮れのグラデーションの空に
お母さんと子どもの声がとけてゆきます。

なんて甘やかで、しあわせな時間なんでしょう!

こんなやりとりを、窓の外に聴くとき、
決まって、心がふんわりとサクラ色に染まります。 

4月。
窓を開く季節が始まりました。

皆さんの、4月の窓からは、何が聴こえて来ますか?


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA