サヨナラ・アリガトウ 

サヨナラの記憶とシンコペーション


抑えようとすると涙は、
心の内側へ向かって こぼれ落ちてゆく。

親しい人、慣れ親しんだ人や場所から離れ
ひとり歩き出すときのサヨナラの記憶。

眩しすぎる陽光。
足がすくみ、気が遠くなる。

Photography by Picojoule ©️2021 Inagi Kaori


けれど、歩いて行かないといけない。
途方に暮れようが、どうしようが、
泣きながらでも、歩いて行かないと。



しばらく呆然としたのちに、仕上げたサヨナラの歌。

それは、あふれる切なさ、支え切れない想いとは裏腹な
軽やかなリズムで始まります。
軽快で弾むようなシンコペーションのリズム。

♪♩♪ ♪♩♪〜 タタータ タタータ・・・

サヨナラの歌としては、不釣り合いかもしれない軽快なリズムですが、
結果として、わたしは、このリズムに救われたのだと思います。

カラダの中でずっとずっと鳴り響いて、ループしていたこのリズムは、
止まってしまいそうだった歩みを、
知らぬ間に促してくれたような気がするからです。

歌詞を書くのは苦手ですが、
伝えたかったのは、サヨナラとアリガトウ。

ループしていたリズムとメロディーの上に、この言葉が載ったとき、
サヨナラの歌が生まれました。

サヨナラは、いつだって辛いけれど、
唯一の救いがあるとすれば、
共に過ごした日々の笑顔と、あたたかな想い出が、
確実に、わたしの中で、
生きる力や勇気となってくれていることだと感じています。


サヨナラ・アリガトウ Lyrics,Music,Photography and Video by Picojoule ©️2021 Inagi Kaori

なぜかカモミールの画像ばかりになってしまったMVです。
ご視聴いただければ嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA